big fan of 2000年代Hiphop

好きな音楽に関することを色々と書いてます。

Trae "Swang"

TraeのことはZ-ROの2005年のアルバム「Let The Truth Be Told」収録の"1 Night"にて初めて知りました。その曲で聴かせる歌とラップがドープだったので調べて出会ったのが今回紹介する"Swang"です。 記憶が確かなら本曲をYoutubeにて発見したのは2006年5月頃…

好きなラッパー

この間もネットのどこかで見たのですが、Hiphop好きの話題としてよくマイベストMCみたいなのってあるじゃないですか?あれってHIphop好きの友達でもいれば絶対盛り上がる話題ですよね。ラッパーは数が多いし、個性も豊かだから話は尽きないと思います。僕の…

DeBARGE「The Best Of DeBARGE」

HiphopやR&Bを好んで聴いていればおそらくどこかでそのフレイバーに触れているであろうと言える程リアルタイムでない世代にも親しまれているグループであるDeBarge。僕のような2000年代から入った人には、かつてリアルタイムで聴いてファンであったプロデュ…

スタイルチェンジ

最近ちょっと変えてみようかな、というか試してみようかなと思うのが、新しいリスニングスタイルです。僕は一つの新しいCDアルバムに手を付けると消化吸収力が低い+貧乏性なので、あまり好みでなくても一定期間は聴かないともったいない気がして次の作品に…

トライしてみた。

というわけで早速1文でもよいから今の英語力で読んでみました。 今日は前回の記事に写真を載せたMuder Dog Magazineの(おそらく)99年に出されたVol.6のNo.4より、表紙を飾っているHot Boysのインタビューのさわりにチャレンジです。以下要約です。 Hot Boys…

新年の抱負

英語が苦手なくせに洋雑誌を集めている私ですが、今年はただ集めているだけではもったいないので、少しずつでも良いから英語を勉強して集めた雑誌を部分的にでも読むことに挑戦します。それこそ長期的な夢としては、高校時代にトラウマになる程英語の授業で…

Various Artists 「The Wash」

僕はDr Dreが一番好きなプロデューサーなのですが、「一番好き」なんて言いつつも、彼の作品を全て把握しているわけではなく、実際は半分も聴けてないんじゃないか?と思います。これには理由がありまして、1つは僕の音楽やその情報等を消化・吸収する力がと…

好きな曲紹介

今日はとても良い天気で、アルバイトも休みだったので、年末に慌ただしく大掃除をやるのは嫌なので大掃除でやる予定のものを小一時間だけやりました。今から毎日ちょっとずつやれば年末までひと月くらいあるので、余裕を持って穏やかな年末を過ごせるように…

Dr Dreのラップ

Dr Dreは僕の一番好きなプロデューサーなのですが、プロデューサーとしてだけではなく、彼のラップ(フロウ・声・タイム感?)も一番とまでは言わないもののトップ5に入るくらい好きです。どんなところが好きかと言うと、重心がしっかりとした、軸のぶれな…

Comptons Most Wanted 「Music To Driveby」感想

ついこの間Book Offにて購入した、西海岸はコンプトンのグループ、Comptons Most Wanted(以下CMW)の92年リリースのアルバム「Music To Driveby」を聴いての感想です。 まず、CMWについては僕の大好きなYoung Jeezyのトレードマークである「ジィーア!」の影…

今日聴いた曲(シャッフル)

今日はi-podのシャッフル再生を利用してランダムに聴いた曲を感想と共に書いてみようと思います。自分で選ばないことによって、持っていたのに聴いたことのなかった曲とも出会えるので、シャッフル機能は重宝しています。それとBoseのサウンドウェアコンパニ…

クワイアの続き

前回からの続きで今回もクワイアを取り入れた曲を紹介します。今回はシカゴ出身の3人組、Do Or Dieが2005年にリリースしたアルバム「D.O.D」収録の"Higher"で、同じシカゴ出身で前年の2004年は彼の年であったと言っても過言ではないほどの大活躍を見せたカニ…

I Love クワイア!

タイトルのとおり、クワイアが大好きです。と言っても実際はゴスペルミュージックそのものはまとまった形ではほとんど聴いたことが無いレベルなのですが、クワイア要素の入ったヒップホップ・R&Bが好きです。ですのでゴスペルに興味はあるので、1年くらい前…

Far Away

D’Angeloの3枚のアルバムはそれぞれ作風が異なりますが、ある共通点、または「お約束ネタ」があると思うんです。 何かと言うと、最後の曲が「遠く」なんです。うまく言い表せなくてもどかしいですが、ざっくり言うと「異世界」、って感じです。 すいません。…

シンプルでカッコいい曲

メロディ重視でリズム音痴な僕が選ぶ、リズムパートが主役の曲を紹介します。 E-40 "White Girl" www.youtube.com Boogie Boysの"A Fly Girl"の替え歌リメイクといった本曲はハードなドラムとシンプルなフック・ラップのストレートにカッコいいヒップホップ…

好きな曲紹介

Luther Vandross "Are You Using Me" カニエやZ-ROといったラップ曲からキーシャ・コールのような歌ものでも使われる、むこうの黒人さんに広く愛されているシンガー・ルーサーのダンサブルな本曲。プロデュースはプエルト・リコ系でニューヨーク育ちの、いわ…

好きな曲

Braxtons"The Boss"(Masters At Work Remix) オリジナルはDiana Rossで、こっちは当初ヴォーカルが弱く感じたものの、聴いてるうちに元曲よりせつなさが強くて胸キュン度高めでグッド。元曲にも切なさはあるが、どちらかというとパワフルな印象。とにかくこ…

釣りに行きました。

今日は家族で釣りに行きました。場所は横須賀の観音崎という所で、うちの家族はそれこそ僕が小学生の頃からだから25年くらい前から変わらずこの場所で毎年最低一回は釣りに来てます。釣りと言っても本格的な感じではなく、ビギナー用の一番安価でシンプルな…

方針転換

いや~、ブログ書くのって大変ですね(個人的には)。ええかっこしいなので、プロの音楽ライターの人みたいに良質の記事や有益な情報を書きたい!なんて思ってはいたものの、15の頃から17年Hiphop・R&B聴いているものの、その実トラックとラップのフロウし…

Scratchマガジン読書雑記

英語が苦手で高校時代には赤点居残り補習を受けた僕ですが、音楽を聴くのと同じくらい音楽雑誌を読むのが好きなので、高校の頃はもちろん、今でも電車やちょっとした隙間時間があるとカバンに忍ばせたbmr・BLAST誌を愛読しているのですが、数年前に初めて渋…

Young Buckミニインタビュー感想

Scratchマガジン2号(カニエ表紙)のヤングバックミニインタビューを読んだので、その感想です。 どのプロデューサーとやりたいか?に対して「ファレルやTimbalandとやるのも悪くないな。」ってちょっと上から目線なんですけど、この号に「Straight Outta Cas…

Rap A Lot のプロデューサーについて

前回Z-ROのアルバムについて書いたことがきっかけで、Rap A Lotのプロデューサーについてもっと知りたくなり、bmr誌2004年9月号の出嶌さんによる「ラップアロット大特集Part.3」を読んだので、そこで知ったことや好きな曲について書きます。今回の情報源であ…

Z-RO「Let The Truth Be Told」

好きなアルバムの紹介&感想を綴っていこうと思います。アルバム1枚を通して一気に書く気力と体力は無いので、1枚のアルバムを1回につき3曲ずつくらいでちょびちょびと書いていきます。あまりピンとこない曲は飛ばします。 今回取り上げるのはテキサス州のヒ…

Soopafly ”Bangin' West Coast”

Producer・ミュージシャン・MCと多才な彼による2007年リリースのアルバム「Bangin' West Coast」から12インチとしてもカットされた、アルバムタイトルと同名の本曲は西海岸タイプのFunkトラックに繰り返される声ネタがハマったキャッチ―な、夏のドライブにぴ…

Busta Rhymes ”Get You Some”

2006年リリースのアルバム「The Big Bang」の幕開けを飾る本曲は、Dr Dreによる彼にしか作れない究極のハイファイヘビーサウンドが、頭を丸めて心機一転したBustaのド迫力ラップと融合し、彼のキャリアにおいてまた一つ新たなクラシックソングとして刻まれる…

Twista "Hope"

2005年1月にリリースされた、映画「Coach Cater」のサントラに収められた本曲は、元々はTwistaの2004年作「Kamikaze」にてCee-Lo客演のものが初出でしたが、こちらの再録版は歌がFaith Evansに替わり、ちびっ子によるコーラスを無くしたもので、Kamikaze版で…

Kanye West “Diamonds From Sierra Leone”

Kanye Westが2005年の8月末にリリースした2ndアルバム「Late Registration」からの先行シングルとして発表された本曲は、1971年の映画「Diamonds Are Forever」の主題歌(タイトルは映画と同名)を贅沢に使用したもので、1stの頃より格段にHipHop界での存在…

好みの幅が狭い

Mary J. Bligeの「Be Without You」とMariah Careyの「We Belong Together」は両者とも2005,6年に大ヒットした曲ですが、私的にはアルバム内においてそれほどグッときませんでした。ではなぜ自分はこの大ヒットソングがピンとこなかったのか、改めて自分の趣…

Terror Squad "Lean Back"

大仰なイントロで始まる、Fat Joe率いるTerror Squadが2004年に放った超強力バンガー。ProのScott Storchの得意とする不穏でアラビアンな上モノに、カチャカチャした音が規則的に鳴らされる中毒性の高いトラックだけでも迫力十分ですが、ザラついた声質のRem…

UGK "Stop-N-Go"

2枚組アルバムの正式リリースに先駆けて関係者に配られた?サンプラーとシングル盤にて早々と発表されていた本曲は、個人的には傑作アルバム「Underground Kingz」においては地味でシングルにするには弱いと思いますが、丁寧に聴くと小ぶりながらも滋味深い1…