big fan of 2000年代Hiphop

持っているCDと雑誌を管理するための記録ブログです。

 Sourceマガジン2008年6月号のレコードリポート欄にある「The playlist」を読みました。これは色んな地域の人が今聴いている曲やアルバムを挙げるコーナーです。コメントを分からないところは無視して意訳しました。

 1、マーカス・ウェアーさん、男性、フロリダ州タンパ

「ビギーの「Ready To Die」を聴いてるよ。彼のリリックは生々しくて制限が無いんだ。ビギーは唯一リアルシットをラップしてた。彼こそ本当のHiphopだよ。」

 2、アレックス・ジョンソンさん、女性、ジョージア州アトランタ

「T.I.の「King.」を聴いてるわ。このアルバムは今でもイカしてるわ。夏のようにホットよ。もちろん今でもよ。T.I.はアトランタ代表であり、世界の代表でもあるわ。」

 以上、英検3級の僕なりの意訳です。以下はそれに対する感想と僕の好きな曲です。

 ビギーはとても評価の高いラッパーですね。ニューヨークの人にとっては本当に特別な存在なのでしょう。彼については何曲か聴いたことがある程度ですが、"Juicy"はMtumeのキュートでプリップリッのサウンドを上手く使ったキャッチ―なトラックに、可愛くてセクシーなお姉ちゃんの歌フックとビギーのストレスを感じさせない耳心地よい声の流れるようなフロウが合わさった完璧なシングル曲です。

 特に任天堂セガジェネシスなんてワードが出てくるところが僕は日本人として誇らしくてついホルホルしちゃいます。かつて兄が買ったメガドライブセガサターンに加えて、子供の頃からゲームはほぼやらない(小学生の頃はパワフルプロ野球はやってましたが、それ以降は34歳の今現在まで20年以上一切ゲームをやってない)僕が何故か自分で買ったドリキャスドリームキャスト)があったりとセガには縁があったので感慨深いです。湯川専務や藤岡弘、扮するせがた三四郎によるCMなど懐かしくて思い出すと涙が出そうになります。ちなみにドリキャスと一緒に買ったソフトは人面魚を育てる「シーマン」で、速攻でドリキャスともども箪笥の肥やしになりました。

"Juicy"を知ったキッカケは、エミネムの自伝的映画「8 Mile」に関連して、主役である彼による、好きな時代の曲を集めたコンピレーションアルバム「More Music From 8 Mile」で、それは90年代のカッコよさがたっぷり詰まった本当に良いコンピレーションです。ビギー、モブ・ディープアウトキャスト、2パック、ウータン、ジュニアマフィア、ノーティ―バイネイチャー、ファーサイドとここで色んなアーティストを聴くことでき、大変勉強になりました。


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

 

 

長くなったので、続きはまた今度書かせていただきます。