big fan of 2000年代Hiphop

2000年代hiphopが大好きです!

Pretty Ricky"Grind With Me"

 フロリダ州マイアミ出身のシンガー1人とラッパー3人で構成される兄弟グループ、Pretty Rickyのメジャーデビューアルバム「Bluestars」からの先行シングルである本曲。ProはJim JonsinとBigg Dによるプロデューサーコンビ、Unusual Suspectsで、彼らは前年にヒットしたTrick Daddy"Let's Go"を手がけた俊英で、特にJim Jonsinはこの後に単独仕事でDanity Kaneの"Show Stopper"、Lil Wayne"Lollipop"、T.I."Whatever You Like"といった全米ヒットクラスの曲を多数手がけるなど、2004から2008年あたりに大いに活躍しました。個人的には本曲とMike Jonesの"Cutty Buddy"(T-PainでなくTrey Songzバージョン)が特に好きです。

 本曲はセクシャルなグループであるPretty Rickyの中でも特に濃厚な、ドクドクと脈打つようなスリリングなトラックに、若さ溢れる彼らの奔放で野性味あふれるヴォーカル・ラップが喰らいつくBump N Grind  Shitです。

 僕がこの曲を初めて聴いたのはTVK(テレビ神奈川)のビルボードTOP40というカウントダウンTVビルボード版、みたいな番組においてで、矢継ぎ早に1曲につき数秒流れていく程度のものなのですが、一聴してその強烈なインパクトに度肝を抜かれました。同様のパターンでやられたのは他にBobby Valentinoの"Slow Down"くらいで、たった数秒でそこまでもってかれる曲は滅多にありません。

 そんなわずか数秒で僕の心を鷲掴みにした本曲ですが、PVも含めてフルで聴くとサビだけじゃなく全篇にわたってほとばしる熱気とクオリティーの高さに圧倒されます。

 ルックスを含めてラップ組3人がLil jon曲でフィーチャーされるラッパー並みのテンションでキャラが立ったラップを聴かせ、歌担当のPleasure Pのけだるく熟れたヴォーカルやラップの語尾に入る合いの手が実にNastyで最高ですし、ラップは1番(Baby Blue)ヤリ手、2番(Spectacular)モテ男、3番(Slick'em)ケモノ、と大雑把なカテゴライズで済ませたくなるような勢いがあり、そこには彼らが全知全能をかけてそのポテンシャルの120%をぶちかました結果がここにはあります。

 実際アルバムは全体として聴きごたえのある作品ですが、滾る系の曲で本曲に匹敵するものは無く、本曲は瞬間最大風速的なミラクルソングであると思います。

 

 

Snoop Dogg"Let's Get Blown"

 2004年末にリリースされたアルバム「R&G(Rhythm&Gangsta)」に収められ、シングルカットもされた本曲は、NeptunesによるトラックにSnoopとPharrellという才気にあふれながらどこかおっとりとした雰囲気のある2人によるラップ・歌がマッチした、リラックスしたラップソウル曲です。

 当初この曲のサンプル源がSlaveの"Watching you"だと知った時、いったいどこが使われているのか分かりませんでした。唯一分かったのは歌いだしのSnoopのフレーズ・メロディだけで、トラックには"Watching You"を見つけることはできませんでした。

 これはひょっとすると、かつてChad Hugoが、自分たちはレコードをサンプリングするというよりそれをずっとループさせてインスピレーションを貰って、コードを変えて新しい曲に仕立て直したりする、と語っていたので、僕の想像ではネプとSnoopが原曲の音像からインスパイアされて本曲を作り、インスピレーション源に対するリスペクトをこめてフレーズ・メロディをちょこっと入れてクレジットに載せたのではないかと思います。

今回のアルバムが「R&G」と付けられているように、本アルバムは歌心あふれる作品ですが、Snoopは本当に歌が好きで、70、80年代のアーティストに対して、「あの頃のアーティストは全員好きだよ。Curtis MayfieldAl green、Chi-Lights、Dramatics…もう全員だよ。」と言っています。

 本曲は"Watching You"同様ぬくもりを感じる穏やかなもので、楽器の音色・ラップ・歌のそれぞれが上手く調和しており、全体的に聴き心地の良い仕上がりです。具体的にはSnoopのラップ、ファレルと女性の歌(Keyshia Coleですが、彼女らしさは控えている)、ポコポコ、コツコツしたパーカッション、シルクのようなベースが総体として心地よい音像を生み出しています。

 こうした音像にきちんと合わせて、MusicVideoも良い意味でぼんやりした処理を施された、レイドバック感の強い、ただただ楽しそうなパーティー風景で、70、80年代のDiscoパーティーに通ずるVibeを感じます。同じ70、80年代Vibeでも"Signs"の方ははつらつとした元気のある曲で、こちらも本曲同様シングルカットされたのも納得の良曲です。僕はこの2曲が昔のSoul・Funk曲に触れるキッカケとなりました。

 Snoopのアルバムは毎回Soul・Funkフレイバーが注入されているので、温故知新のHiphopにあっては理想的なアーティストだと思います。かつてbmr誌2008年4月号において「Snoopが誘う、素晴らしきソウル・ファンクの世界」という6ページにわたる本当に素晴らしい特集記事がありました。

 余談ですが、僕は2000年代のbmr誌とBLAST誌(具体的にはbmrはNo.267号以降、BLASTは伊藤雄介さんが編集長になってから)に育ててもらったと強く思っており、上記の雑誌のおかげでこの音楽が大好きになったので、実際に音楽をクリエイトしてくれた2000年代に活躍していたアーティストと同様に上記雑誌のライター・編集者の方を大いに尊敬しており、いつか直接お会いして感謝の意を伝えたいなと思います。

DPGC"Real Soon"

 2005年末にSnoop自身のレーベル、Doggy Style Recordsからリリースされた「Welcome To Tha Chuuch-Da Album」の先行シングルとして発表された本曲は、クリップスの創設メンバーの一人であり、強盗殺人の罪で死刑が確定していたものの、自らの過ちを悔い、若者が自身と同じ道を辿らないよう、様々な形(ex絵本等)で平和運動に尽力していたStanley Tookie Williamsの死刑への反対・中止嘆願運動を自身が中心となって働きかけていたSnoop Doggが、その活動の認知・普及の推進のためと、Tookieと同様に塀の中にいる同胞に向けての応援の意味を込めて作った中身の濃い曲です。

 結果としては彼らの努力むなしく、Tookieは同年12月13日に刑が執行され、この世を去ってしまいました。彼の死はアフリカン・アメリカンコミュニティーにとって、たとえ過去に殺人を犯してしまったとはいえ、人生を立て直した偉大なロールモデルであったゆえに、その喪失による影響は非常に大きいと思います。

 以上がこの曲の持つ背景ですが、その内容もさることながら、楽曲としても原曲のHarold Melvin&The Blue Notesの「Hope That We Can Be Together Soon」の持つやさしさと暖かみとDogg Pound Gangsta Cliqueならではの「G」感も入って、甘さの中にピリッと辛味を効かせた、21世紀型のSoul・Funk曲です。

 原曲自体が素晴らしいテンダーSoul(テディペンだけに)で、ProのBattlecatがピックアップしてきたのか、それとも事あるごとにSoul愛を語り,鼻歌るSnoopによるチョイスなのか分かりませんが、サウンドのみならずそうしたコンセプトまで「弾きなおした」という点で天晴であります。そしてそこにドゥンドゥンと低音を効かせたHiphopのオケにして、いつもの彼らのスタイルを貫き、4人それぞれの味のあるラップ・歌がのった、良いトラック+カッコいいラップ・歌=良い曲、という至極シンプルな結果となりました。

 中でも私的に一番グッときたのはNateの歌で、特に後半のアドリブ的なパートが僕の大好きなR.Kellyに勝るとも劣らない、伸びやかで抑揚の効いた、クールなものとなっています。

 またこの曲のMusicVideoは刑務所を舞台に囚人達や面会に来る人の様子を描いたもので、そこからは彼らと彼らを待つ人々の抱える寂しさや辛さが映像(モノクロなのがまた良い効果を生んでいる)から滲み出ており、語弊のある感想かもしれませんが美しいと感じました。もちろん彼らは何らかの罪を犯したが故に収監されているわけで自業自得でとも言えますが、そうせざるを得ない環境というのがあるのかもしれません。この曲の存在はそうした事を考えるキッカケになるでしょう。

 この曲はその背景や楽曲の内容・MusicVideoの全てがリンクして、サウンドとしての「音楽」以上の「芸術作品」として後世に伝えるべきものだと思います。「The Rap Year Book」というHiphopの歴史上重要な曲を1年につき1曲のスタイルで紹介・解説した本がありますが、1曲という縛りがないのであれば絶対に入れるべきであり、Hiphop及びアメリカ社会にとって目を向ける・耳を傾けるべき作品だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

Play-N-Skillz"Are You Still Alone"

 Play-N-Skillzはラテン系のJuan(兄)とOscar(弟)のSalinas兄弟によるプロデューサーデュオで、メインストリームシーンにはLil Flipの2004年作アルバム「U Gotta Feel Me」において"Dem Boyz"等数曲を手掛けたことで注目を浴びました。そんな彼らがプロデューサー兼ラッパーとして2005年に発表したアルバムが「The Process」であり、内容としてはサウスフレイバーの曲に加えて大ネタを使った耳なじみの良いポップなものまでバラエティに富んでおり、彼ら自身のラップも含めて彼らの持つ色々な面を知ることができます。

 今回紹介する曲は大ネタ・ポップサイドにあたるもので、Dramaticsの77年のスロウバラード"Ocean Of Thoughts And Dreams"のギターフレーズを早回ししてループさせたシンプルなものです。

 正直、ここで聴かれるPlay-N Skillzの2人のラップに際立った特徴は無く、特筆すべきことはありませんが、早回しして原曲よりも切なさを増したトラックにHookを担当するラテン系のFrankie Jの甘酸っぱさと青さを感じさせる爽やかな歌声がマッチして、名バラードである原曲の使用に恥じない佳曲に仕上がっています。

 ラテン系の人はアフリカ系の人に比べて、濃厚でDeepな歌声は中々出せませんが、彼らには独特の「青さ」を感じさせる歌声という特質があるので、曲調によってはアフリカ系の人よりもDopenessを感じさせることがしばしばありますが、本曲はその好例だと思います。

Mariah Carey"It's Like That"

 2005年リリースの「The Emancipation Of Mini」からの1stシングルである本曲。ProはJermaine Dupriで、サウンドは前年にR .Kellyが2枚組の内1枚丸々取り組んだシカゴのダンス及びサウンドである「ステッパーズ」を本家よりもスロウに、リラックスさせた感じです。しかしベースものや流麗なR&Bも作る多才なDupriが作っただけあって、きちんと彼らしさも加味されていて、ボトムは808の「ボーン」や「コンコン」といったゆるく鳴りのキモチいいもので、ウワモノはサビで上品に展開するオルガンとちらほら加わるちょっととぼけたフルート的な音が曲に華やかさを与えています。

 歌はMariahのヴォーカルがまるでトラックとステッパーズダンスを踊っているかのように伸び伸びと合わさり、サビではバックのヴォーカルとDupriの合いの手とFatman Scoopの煽りも加わってダンスパーティの様相を呈しています。ダンスパーティーと言っても爆発的に盛り上げるのではなく、大人のピースフルダンスパーティーサウンドといった感じです。

Rihanna"If It’s Lovin' That You Want"

 カリブ海のバルバドスという国出身の当時ティーンエイジャーだったRihannaによる2005年リリースのアルバム「Music Of The Sun」からの2ndシングルとして発表された本曲。Proは私的に小粋なイメージのあるTrackmastersによるもので、元気でハリのある跳ねたドラムが耳を引くドラムオリエンテッドなトラックにRihannaの色情をそそる子猫フレイバー薫るヴォーカルが添えられた全方位対応Musicです。しかしただのフィールグッドMusicではなく、そこはやっぱりHiphopの雄、Def Jam発なので曲にイカシたスパイスとしてBoogie Down Productionsの"The Bridge Is Over"のフレーズをスクラッチ的にまぶして可愛さの中にストリート感のチラ見せに成功しています。おそらくBDPを使ったのはRihannaの出自と曲の雰囲気(カリブ・レゲエ感)に絡めて、KRS-Oneのそっち方面への親和性(ラガフロウ、父親がトリニダード島、義父がジャマイカ出身)からの遊び的チョイスだと思います。

 この曲を聴いて僕の頭に浮かんだ感覚を単語で挙げるなら、カリビアン、ダンストラック、ダンスホールレゲエ、レゲエ、パーカッシブ、ラテンといった感じで、HiphopR&Bばかり聴いていてそっち方面はとても疎いので、すごく新鮮に聴こえ、そうした音楽にも興味が湧きました。(と言いつつもう十数年経っても同じ範囲のものばかり聴いて、新たな領域に中々踏み込めない臆病者です…)

 ちなみにPVを観るとデビュー間もないのにRihannaの立振る舞いが堂々としていて、とても余裕を感じさせるもので、イケてるお姉さん感の強い、カワイイのにめっちゃクールなキャラクターでこれはすごいやっちゃと思いました。

 

Usher"Throwback"

 Usherの2004年リリースのアルバム「Confessions」収録の本曲。Proは当時Hiphopプロデューサーとしてバリバリに大活躍していたJust Blazeで、彼は「アゲアゲソングなら俺に任せろっ!」ってなくらいハイパーなテンションの曲作りに定評がありますが、センチメンタルな曲でもいい仕事をするんです。最も有名なものはJay-Zの"Song Cry"ですが、それに匹敵するくらい本曲は切なく、胸が締め付けられるセンチメンタルソングです。

 歌詞の日本語訳を読んでみると、Usherと客演のJadakissが全編にわたってメソメソしており、特にJadaのパートに「枕は涙でグショグショ」というフレーズがあり、アメリカ人も「枕を濡らす夜」的な表現を使うのだ、という発見がありました。

 そんなメソメソした歌にマッチしたトラックはDionne Warwickというシンガーの"You're Gonna Need You"という曲をサンプリングしているのですが、贅沢にかなりの長い尺を拝借しているのですが、原曲の完成度が高いので,何も小細工せずに美味しい部分を余すところなくシンプルに使ったのが功を奏しました。本曲はJust Blazeのセレクトセンスの良さが光った、雨の日に合いそうな大人の曲です。

The Game"Hate It Or Love It"

 2005年リリースのThe Gameのデビューアルバム「The Documentary」収録の本曲。Proは当時50CentとBeef関係にあったJa Ruleの前年のヒット「N.Y」を手がけたフロリダはマイアミ出身の2人組Cool&DreでTrampsの75年作"Rubberband"を用いたアルバム中随一のソウルフルソングです。

 原曲に疾走感のあるドラムと太い低音を加えたことでボトムのしっかりしたHiphopビーツに仕立て、そこに自信たっぷりのGameのラップとフックを50と二人で分け合う構成がハマって、良曲がひしめくアルバムにおいてシングルになったのも納得の出来です。またこのトラックがどれほど優れているかをあらわすものとして、Mary J Bligeが参加したものや、Maryが自身のアルバムに入れたヴァースもフック全て歌った"MJB Da MVP"やG-Unitメンバー総出のG-Unit Remixの存在が挙げられます。

 特にG-Unit Remixは各々のMCが順番にフックも担当するもので、Ja Ruleの"N.Y"に作りが似ています。もしかすると同じPro・構成でも俺たちの方がイケてるぜ、というサブリミナルDissソングなのかもしれません。まあ「俺がラップ界のMVP」なんて宣言してる曲ですから基本的には不特定多数の全方位に向けたボースティングもの、つまりオーセンティックなHiphopですね。

 サウンド以外に目を向けると「How We Do」のPVでは不気味で恐ろしい印象しかなかったGameが本曲のPVではとてもピースフルな立ち振る舞いもあって、50Cent同様中々愛嬌があります。PV全体としても陽光の射すフッドを舞台にGameのクルーや遊ぶ子供たちの様子も映し出され、曲調と相まってとてもあったかくぬくもりを感じるPVです。またこの陽光が大フィーチャーされた作りはおそらくGameの所属するオレンジ色ギャングをアピールするためでもあると思います。

 

 

T.I.「Trap Muzik」

今回取り上げるのはT.I.の2003年リリースのアルバム「Trap Muzik」です。このアルバムは2005年、僕が高校2年の夏休みに今は亡きタワーレコード横浜モアーズ店でMobb Deepの「The Infamous」と共に購入した思い出の一枚です。この時すでにT.I.については"Bring Em Out"のヒットで好きなラッパーだったのですが、なぜその曲の入ったアルバム「Urban Legend」ではなく、何の前情報も持ってなかった本作を購入したのかというと、僕の天邪鬼な気質がそうさせたのです(笑)

 が、しかしこの選択は大正解でした。まあのちに「Urban Legend」も買うことにはなるのですが、両者を比較すると「Trap Muzik」の方が好きなんです。その大きな要因である2点について書かせていただきます。

 まず1点目はCharles Pettaway等のミュージシャンを多用し、生ギター・ベースをふんだんに取り入れた、変化に富んだ楽曲が多いことです。

 特に最多の6曲に起用されたCharles Pettawayは調べてみたところ、Curtis MayfieldTeena MarieといったSoul・Funk勢からUGK、Big Tymers、Lil Wayne作品と幅広く活躍するミュージシャンだそうで、それを知って上述したアーティストが好きな僕は好きな音楽の「出汁」が分かった気がして1人で興奮してしまいました。

 そして2点目はKanye Westによる創造性豊かなサンプリングワークです。ここに収録された2曲は彼のベストワークと言っても過言でないくらい冴えています。

 ”Doin My Job”は原曲も十分素晴らしいのですが、早回しによってより一層心に訴えかける非常にエモーショナルなトラックになり、そこにT.I.のアフリカン・アメリカンとしての厳しい境遇と思いを吐露したラップが原曲とT.I.との間で時空を超えて共鳴した美しい曲です。

 "Let Me Tell You Something"は「Roger Troutmanの"I want be your man"をサンプリングした。」なんて風に簡単に言わないでほしいくらいクリエイティブな使い方をしています。基本的に素直なサンプリングするKanyeですが、この曲ではフレーズを切り貼りしてさらにBoskoによるトークボックスも実にうまく絡めて原曲以上に甘酸っぱさとハピネスを生み出しており、彼の創造力には脱帽です。

 以上の点から購入してから16年たった今でも末永くこのアルバムを愛でています。

50Cent "Outta Control(Remix)"

 50Centの2005年リリースの2ndアルバム「The Massacre」収録の"Outta Control"のRemixである本曲。2005年は50Cent及びG-Unitにとって大きな動きがあった年で、The Gameが去るものの、新たにM.O.P、Mobb Deep、Maseが加わり、それ以前に加わっていたDeath row出身のSpider Locと、初の女性シンガー、Oliviaも含めて当時のシーンにおいてNo.1クルーを築きつつあり、その雄姿は米XXL誌の1,2月合併号で拝むことができます。特に2005年早々に大ヒットした50Centの”Candy Shop”によって,G-unitのファーストレディーとしてOliviaの存在は広く公に認知されるようになりました。

 そうした活発な動きを見せる中、新たに投下された特大ボムがDr DreプロデュースによるMobb Deepと50による本曲で、ハードコアが売りのMobbと重厚なDreサウンドが合わさった新たなG-Unitクラシックの誕生となりました。

 サウンドは高音すぎて捻じれたようなヒリヒリしたメインループと,そこに呼応するようにダークで重いオルガン?フレーズが入ってくるウワモノだけでもゾクゾクしますが、なんといってもキモはズッシリと重く、砕け散りっぷりの見事なドラムで、この頃のDreのドラムはこうした「ズシャッ」としたヘビーな質感がカッコよく、2006年のBusta、Jay-Z、Snoopのアルバムでも同様のドラムが採用されています。個人的にはこの頃のドラムとMark Batsonによる鍵盤の組み合わせがDreのキャリア中一番好きな作風です。

 ラップは50によるフックがキャッチ―で、PVでもOliviaがメロディに合わせて口ずさむシーンが象徴するように、曲調はダークで重たいのですが、テンポが緩いため、リラックスしたパーティー感もあります。余談ですがPVでのOlivia嬢は他のどのモデルさんよりも可愛くみえます。

僕は英語が苦手なため、ラップはフロウのフィーリングを楽しむタイプですが、そんな僕でも分かる&グッときたのがProdigyによるザ・ヒップホップな"I'm young,I'm black, I'm rich and yes!"というラインで、ここだけ一緒に口ずさんでしまいます(笑)。

 個人的にはMobb Deepは小柄な体躯に反した(?)過剰にマーダー感をアピールするスタイルがちょっと無理した背伸び感を感じ、往年のファンには怒られそうですが、カワイイ印象をもってます。

 結局新たに加わったメンツでG-Unitとしてアルバムを出せたのはMobb Deepだけで、彼ら以外はアルバムリリースに至りませんでしたが、特にOliviaは"Best Friends(Remix)"と"So Sexy"の出来が良かっただけに残念でした。