big fan of 2000年代Hiphop

2000年代hiphopが大好きです!

Rap A Lot のプロデューサーについて

 前回Z-ROのアルバムについて書いたことがきっかけで、Rap A Lotのプロデューサーについてもっと知りたくなり、bmr誌2004年9月号の出嶌さんによる「ラップアロット大特集Part.3」を読んだので、そこで知ったことや好きな曲について書きます。今回の情報源である出嶌さんの記事はとても詳しく、当該記事に限らずいつも勉強になる&楽しませてもらっています。

 まず今回取り上げるRap A Lot関係のプロデューサーの人選は、私が好きな人であり、それはつまり2000年代に活躍していた人であるため、歴史あるRap A Lotの中でも1部分を切り取ったものに過ぎませんが、十二分に紹介する価値のある人たちなのでお付き合いください。 

 まず一人目のN.O. Joeは90年代前半から同レーベルで活動しており、Scarface作品での仕事が有名です。加えてUGKの96年作「Ridin' Dirty」と99年の「Dirty Money」ではPimp Cと共同でアルバムの大部分を担い、2007年の2枚組「Underground Kingz」でも他のプロデューサーとの共同で7曲に参加しており、Rap A Lotのみならず、ヒューストンのHiphopを支えるベテランです。マイフェイバリット(以下マイ~)は以前ブログで取り上げたPimp Cの”I Sha Playa"やUGKの"The Game Belongs To Me”、”Living This Life”といったところで、粘っこくもサラリとした曲が好きです。

 二人目はBigg Tymeで、彼はLil Flipのヒット曲“I Can Do Dat(Remix)"を手がけたことで注目を集め、2004年にはリーダー作的なコンピ「The Day After Hell Broke Loose」をRap A Lotから発表します。このアルバムは非常に豪華な面子の参加した作品で、当時そこまで実力や地位が定まっていなかった彼が、いきなりこうした作品を出せたことが今考えると不思議です。マイ~は全てZ-ROの曲で”Happy FeelingZ”と”Platinum”と“No More Pain”でメロディアスな曲が素晴らしいです。

 三人目のMike Deanは、N.O Joe同様に90年代からRap A Lotを支えており、トラック制作に加えてミックス等のエンジニアリングも担当しており、同レーベルのサウンド面において最も貢献した人と言ってよいと思います。また彼は非常に才能に溢れた人だそうで、その証拠にレーベル外のDaz DillingerやKanye Westからも重宝されており、どの洋雑誌かは忘れましたが、彼を扱った記事にて「Musical  Genius」、「テキサスのDr Dre」と最高級の形容をされていました。そんな彼のマイ~はこれまた全てZ-ROの曲で、”I Hate U”、”Respect My Mind”、”T,H,U,G(True Hero Under God)”で”Respect~”はSadeの”Cherish The Day"を、”T,H,U,G~”はLuther Vandrossの”So Amaizing”を、Hiphopソングとしてアップグレードさせたアッパレな曲です。上記3曲はメロウ系ですが、バキバキのストロング系も多く、多才です。

 最後のMr. Leeは97年頃からRap a lot作品にてシーンに登場してきた人で、同レーベルにて着実にキャリアを積んでいき、その能力は2000年代に大爆発し、ヒューストンブームのサウンド面での立役者となりました。私は今回取り上げた4人の中で最も彼が好きで、それこそ私的Top5プロデューサーにもランクインします。(ちなみにそのTop5とはDr Dre、Kanye West、Mr. Lee、Scott StorchとR&BですがR.Kellyです。)

 そんな彼のマイ~はとても多いのですが、ぱっと思いつくところではZ-ROの”From The South”、Bun Bの”Get Throwed”、Slim Thugの”3 KIngs”、Pimp Cの"Rock 4 Rock”といったところで、ジワリとしたスクリュー感がとてもディープでドープであり、ヒューストンの音楽遺産であるスクリューを完全に自分のものとしています。

 以上、私の好みのRap A Lotのプロデューサーについてでした。

Z-RO「Let The Truth Be Told」

 好きなアルバムの紹介&感想を綴っていこうと思います。アルバム1枚を通して一気に書く気力と体力は無いので、1枚のアルバムを1回につき3曲ずつくらいでちょびちょびと書いていきます。あまりピンとこない曲は飛ばします。

 今回取り上げるのはテキサス州のヒューストン出身で、DJ ScrewがLil KekeやFat Patと始めた集まりで、徐々に構成員を増やしていき、ヒューストンではとても大きな勢力にまでなっていった「Screwed Up Click」の一員であり、それ以外でも近しい人たちともグループを組みつつも、ソロとしても多く作品を出しているラッパー、Z-ROがヒューストンのヒップホップシーンを形作ったと言っても過言ではない重要レーベル「Rap A Lot」の一員として2005年にリリースした作品です。

 私がアメリカのメインストリーム・メジャーなヒップホップを知り、好きになっていったのは2004年の3月からなのですが、そこから大体2010年の春頃までのHiphopR&Bが自分にとって大好きな、頭と心と体にバッチリ刻まれた音楽的嗜好なのですが、その嗜好を具体的に分類すると、KanyeによるSoul早回し系とDreによる硬く重たいシリアスサウンドと、2005年に人気が大爆発したヒューストン出身ラッパーによる一連の作品群で聴くことのできるサウンドであり、そのヒューストンブームの中でも特に好きなラッパーであるZ-ROの、これまた私好みの硬く、クリアなサウンドが満載の私的クラシックが本作です。

 そんな私的名盤の1つである本作の紹介&感想を書かせていただきます。

 まず1曲目はHiphopR&B問わずサンプルされている大人気曲、Eric B&Rakimの"Paid In Full"を用いて、得意の歌うようなフロウをたっぷり聴かせる"Mo City Don (Freestyle)"で、疾走感あふれるトラックにコクのある声質で言葉がよどみなく溢れ出る様は圧巻で、この1曲でZ-ROの持つポテンシャルの高さが分かろうというものです。加えて隠し味的なスクラッチやコンガもHiphop度を高めるスパイスとして効いていて、バッチリな仕上がりです。

 2曲目の"The Mule"はDani Cartelによる、ほんのりファニー感のある小刻みなFunkトラックに、Z-ROに負けず劣らない個性的な声とフロウでキャラのしっかり立ったJuvenileとDevin The Dudeが参加しており、中でもJuvenileは唯一無二の声芸を聴かせてくれます。

 3曲目の"Don’t Wanna Hurt Nobody"はFunkバンドのBrickの"Ain't Gonna Hurt Nobody"をZ-ROが高らかに替え歌った気持ちイイ1曲で、Mike Deanによるブリブリの低音と高音のシンセメロディーが効いたトラックはZ-ROの歌と相性が良く、Z-ROがRap A Lotに入って良かったとつくづく感じさせる曲です。この曲にはZ-ROが組んでいるグループ、ABN(Assholes By Nature)のTraeとLil bossも参加していますが、Z-RO以上に低音の声で、押し込めたようなフロウのTraeと、良い意味で普通なLil Bossも上手く溶け込んでいて、曲を通してのど(耳)ごしがよくスルリと楽しめます。

 今回はここまでで、またいつか続きを書かせていただきます。

Soopafly ”Bangin' West Coast”

 Producer・ミュージシャン・MCと多才な彼による2007年リリースのアルバム「Bangin' West Coast」から12インチとしてもカットされた、アルバムタイトルと同名の本曲は西海岸タイプのFunkトラックに繰り返される声ネタがハマったキャッチ―な、夏のドライブにぴったりな1曲です。シングル曲ながらも他のシンガーやラッパーをフィーチャーせずに自身のラップのみでやりきるSoopaflyのラップは力強くカッコいいです。アルバムには当然彼の仲間であるDogg Pound、Snoop Dogg、Nate Dogg、Latoiya Williamsが参加しているものの、半数以上が彼単独によるもので、ラッパーとしての体力が十分にあることを証明しています。

 トラック面に関して興味深いのは、プロデューサーでもある彼によるものは約半数で、その他はBattlecat,E-Swiftの西人脈に加えてExile、D12のDenaun Porter、SebbといったG-Unit関連作に参加していた面子で、かつてSnoopとG-Unitの交流が盛んだったころにできた縁だと思いますが、良い具合に西海岸FunkとG-Unitのコワモテフレーバーが融合した、全体的にまとまりのある作品です。

追記・レコード屋さんのサイトによるこの曲の紹介にて、ネタがOhio Playersの「Ecstacy」であることと知りました。聴いてみると声ネタのみならず、曲を部分的に丸ごと使っていて、すごく良い曲でした。しかしなぜCDのブックレットにサンプル源の記載がないのでしょうか?私はこのあたりの音楽の権利関係に対して無知なので、ちょっとずつ分かっていけるようになりたいです。そうすればHiphopミュージックがよりいろんな面から見れて楽しめると思うので。

Busta Rhymes ”Get You Some”

 2006年リリースのアルバム「The Big Bang」の幕開けを飾る本曲は、Dr Dreによる彼にしか作れない究極のハイファイヘビーサウンドが、頭を丸めて心機一転したBustaのド迫力ラップと融合し、彼のキャリアにおいてまた一つ新たなクラシックソングとして刻まれることになった重要曲です。

 ここで奏でられるヒリヒリした弦の音色、ダークでヘビーなオルガン、爆発するようなドラムのそれぞれが当時のHipHop界では誰も真似することができない、突出したサウンドで、そこにバスタに加えて不気味なまでに落ち着き払ったQ-Tipと、妖しく色気のあるMarshaの声を配した本曲はAftermath Entertainmentによる超1級のHipHopです。

 本曲をDreと共同で制作したMark Batsonは、幼少期からクラシックピアノの修練を積み、青年期には音楽業界に多数の人材を輩出していることでも有名な名門黒人大学・ハワード大にてJazz Pianoを学んだ生粋の鍵盤奏者で、キーボードが大好きなDreのお眼鏡にかない、2004年頃からDreの右腕としてEminem、The Game、Snoop、Jay-Z、50Centの楽曲の鍵盤パートを担当しました。彼の奏でる美しく、時にダークでシリアスなメロディとDreのヘビーでクリスピーなドラムの相性はバッチリで、2001期とは一味違う、大人のHipHopの開拓に大いに貢献しました。

 ちなみにBlast誌2007年5月号のインタビューにおいてJust Blazeは、本曲を2006年において最も好きなビートに挙げており、この曲が大好きな僕は、自分のセンスもなかなかイケてんじゃん!?なんて思っちゃったりしました。

Twista "Hope"

 2005年1月にリリースされた、映画「Coach Cater」のサントラに収められた本曲は、元々はTwistaの2004年作「Kamikaze」にてCee-Lo客演のものが初出でしたが、こちらの再録版は歌がFaith Evansに替わり、ちびっ子によるコーラスを無くしたもので、Kamikaze版ではレトロな印象を受けましたがこちらのヴァージョンはFaithのパワフルな声によって垢抜けた感があります。Proは「Kamikaze」や次作「The Day After」にて大いに活躍したToxicで、その2作での仕事を聴く限りではメロウもストロング系もこなせる器用なProです。

 本曲は青春映画の主題歌にぴったりな穏やかで前向きなものですが、楽曲の出来もさることながらPVもとても良く、映画の登場人物達を取り巻く環境や彼らの抱える悩みが短いながらもよく表現されていて、当時のアメリカ社会において青年が直面する困難がリアリティを伴って僕の心に残りました。特にファッション面でHipHopカルチャーの一部と言えるTatooについて、いかに彼らが意味を伴ったものを刻んでいるのかが伝わりました。

 尚、このサントラはCapitolというレーベルから出されたものですが、それゆえ楽曲の多くは当時Capitolに属していたアーティストによるもの(その筆頭が今回取り上げたFaith版のHope)ですが、ご丁寧にCapitol組の楽曲クレジットにはリリース予定が記してあるのですが、その中でもAk'Sent、元デスチャのLetoya、Red Cafeの三人はアルバムがComing Soonとあるのですが、実際はAk'SentとLetoyaはそれぞれ06年6月と7月と一年以上を要し、Red Cafeに至っては結局Capitolではアルバムリリースに至らずと残念な結果になりました。このことからアルバムリリースするってことは大変なんだなぁと思いました。

Kanye West “Diamonds From Sierra Leone”

 Kanye Westが2005年の8月末にリリースした2ndアルバム「Late Registration」からの先行シングルとして発表された本曲は、1971年の映画「Diamonds Are Forever」の主題歌(タイトルは映画と同名)を贅沢に使用したもので、1stの頃より格段にHipHop界での存在感を増したKanyeに相応しい、スケールの大きい楽曲に仕上がっています。

 ProはKanyeのいとこでJohn Legendと大学が同じだったDevo Springsteenで、彼はかつてシンガー、DJ、ラジオ番組と色々とチャレンジし、Kanyeとつるむようになってからビート作りを始め、John LegendのアルバムでのProを経て全世界が注目するKanyeの新アルバムの先行曲というこれ以上ない大舞台に抜擢されました。

彼によれば、土台となるトラックにJon Brionが楽器を加えたそうで、この体制は本曲のみならずアルバム全体でも用られ、結果としてとても豪華なサウンドのアルバムになりました。

Kanyeのラップに関してはPVではダイアモンド産業がアフリカの弱い立場にいる人々の犠牲の上で成り立っている様子が描かれていたため、歌詞もそれに沿ったものと思いきや、和訳を読むとそうしたトピックは触れておらず、自身とロッカフェラのパワーを誇示するものとなっていますが、自信に満ち溢れた勢いのあるラップは一気に聴かせるパワーがあります。

 この曲はアルバムに先行してワンコイン(500円)シングルCDで発売されたのですが、当時私はアルバムが出るまでの約一か月間ひたすら聴き、アルバムの発売を心待ちしていました。私にとっての2005年の夏を象徴する曲として大変思い出深い曲であります。アルバムの日本盤の発売日にはとてもワクワクしながら今は無きタワレコ横浜モアーズ店で買ったのを昨日のことのように思い出します。雨上がりの蒸し暑い日で、早速帰りに買ってきた昼ご飯の松屋豚丼(当時は狂牛病の影響でどこの牛丼屋も牛丼の取り扱いは中止していました。)を食べながらアルバムを聴いていくと、どの曲も素晴らしく、傑作アルバムをリアルタイムで味わうという、今思うととても幸せな時間でした。当時はYoutubeがまだ無かった?(少なくとも自分は存在を知らなかった)ので、アルバム発売前に聴ける環境はなかったので未知との遭遇といった感じで良い作品と出会ったときの衝撃と感動はより大きなものでした。

好みの幅が狭い

Mary J. Bligeの「Be Without You」とMariah Careyの「We Belong Together」は両者とも2005,6年に大ヒットした曲ですが、私的にはアルバム内においてそれほどグッときませんでした。ではなぜ自分はこの大ヒットソングがピンとこなかったのか、改めて自分の趣味嗜好について考えてみました。

 そこで感じたのは、両者のピアノのメロディが白人っぽく、またトラック全体としてものっぺりとした感じで、粘り気の無く、そこが自分の感性にビビッと来ない主要因だと思いました。しかし却ってそこが万人の感性に響き、大ヒットにつながったのだと思います。

 しかし、白っぽいからイマイチなら、黒人系なら良いのかと問われれば、私はかなり好みの幅が狭く、一般的にブラックミュージックと言われる音楽でも、正直ピンとこないものの方が多く、それも一般的に高く評価されている時代やジャンル、具体的にはJames Brownのような正統派FunkやJazz Funk、オールドスクールHipHop、80年代後半から90年代前半の東海岸のゴールデンエラと形容されるHipHop、New Jack Swing、90年代後半のジャケットにペン&ピクセル社によるデザインを採用したNo LimitやCash Money等があまりグッとこないのですが、最も苦手なのは2010年代から今現在まで大人気で、世界中や他のジャンルにまで影響を与えている「Trap」が私の感性が乏しいためか全くピンとこないため、すっかり今日のHipHopとは縁遠くなってしまいました。「Trap」でも2003~2006年辺りのT.IやYoung Jeezyによる「Trap」は大好きなのですが…。

そんな私が好きな数少ないブラックミュージックは、まだまだ未開拓な領域で知っているアーティストもたかが知れていますが、70年代から80年代前半あたりまでのドラムやハンドクラップがやけに効いたFunkやElectoricなFunkと同時代のSoulと、HipHopではDr Dreの「2001」以降から2009年までのメジャーレーベルによるメインストリームHipHopR&Bで、正直時代に取り残されてしまった化石みたいな自分ですが、これからは数少ない好みの音楽を大切に、丁寧に聴こうとおもいます。

 

 

Terror Squad "Lean Back"

 大仰なイントロで始まる、Fat Joe率いるTerror Squadが2004年に放った超強力バンガー。ProのScott Storchの得意とする不穏でアラビアンな上モノに、カチャカチャした音が規則的に鳴らされる中毒性の高いトラックだけでも迫力十分ですが、ザラついた声質のRemy Maによる一気呵成なラップが暗黒トラックにおいて黒光り、フックでの「リーンバッ!リーンバッ!」のフレーズも癖になる、2004年を代表する1曲です。この曲のヒットによってアルバムもだいぶ売れたようです。PVではLean Backダンスも見られますが、曲の流行りっぷりに比べるとダンスはそこまでは流行らなかったっぽいです。私的にはJAY-Zの“Dirt Off Your Shoulder"の肩払い仕草と同様に不良ちっくでカッコいいと思うのですが…。

UGK "Stop-N-Go"

 2枚組アルバムの正式リリースに先駆けて関係者に配られた?サンプラーとシングル盤にて早々と発表されていた本曲は、個人的には傑作アルバム「Underground Kingz」においては地味でシングルにするには弱いと思いますが、丁寧に聴くと小ぶりながらも滋味深い1曲です。

 ProはBun B・Pimp Cのソロアルバムでも活躍していたJazze Phaで、プリプリと弾力のあるFunkトラックにBun・Pimpのハネたフロウがマッチした小品バウンスで、後半にはJazze Phaがラップし歌うパートもあり、元々はシンガーの出たがりさん(笑)な彼も大満足でしょう。

 ちなみに僕はこういったトラック制作にとどまらず、ガンガン全面に出てくる(曲の参加以外にもインタビューやPV出演に積極的な)人は好きです。なんか露出が多いと愛着が湧いて進んで聴きたくなるんですよね。

Pretty Ricky"Grind With Me"

 フロリダ州マイアミ出身のシンガー1人とラッパー3人で構成される兄弟グループ、Pretty Rickyのメジャーデビューアルバム「Bluestars」からの先行シングルである本曲。ProはJim JonsinとBigg Dによるプロデューサーコンビ、Unusual Suspectsで、彼らは前年にヒットしたTrick Daddy"Let's Go"を手がけた俊英で、特にJim Jonsinはこの後に単独仕事でDanity Kaneの"Show Stopper"、Lil Wayne"Lollipop"、T.I."Whatever You Like"といった全米ヒットクラスの曲を多数手がけるなど、2004から2008年あたりに大いに活躍しました。個人的には本曲とMike Jonesの"Cutty Buddy"(T-PainでなくTrey Songzバージョン)が特に好きです。

 本曲はセクシャルなグループであるPretty Rickyの中でも特に濃厚な、ドクドクと脈打つようなスリリングなトラックに、若さ溢れる彼らの奔放で野性味あふれるヴォーカル・ラップが喰らいつくBump N Grind  Shitです。

 僕がこの曲を初めて聴いたのはTVK(テレビ神奈川)のビルボードTOP40というカウントダウンTVビルボード版、みたいな番組においてで、矢継ぎ早に1曲につき数秒流れていく程度のものなのですが、一聴してその強烈なインパクトに度肝を抜かれました。同様のパターンでやられたのは他にBobby Valentinoの"Slow Down"くらいで、たった数秒でそこまでもってかれる曲は滅多にありません。

 そんなわずか数秒で僕の心を鷲掴みにした本曲ですが、PVも含めてフルで聴くとサビだけじゃなく全篇にわたってほとばしる熱気とクオリティーの高さに圧倒されます。

 ルックスを含めてラップ組3人がLil jon曲でフィーチャーされるラッパー並みのテンションでキャラが立ったラップを聴かせ、歌担当のPleasure Pのけだるく熟れたヴォーカルやラップの語尾に入る合いの手が実にNastyで最高ですし、ラップは1番(Baby Blue)ヤリ手、2番(Spectacular)モテ男、3番(Slick'em)ケモノ、と大雑把なカテゴライズで済ませたくなるような勢いがあり、そこには彼らが全知全能をかけてそのポテンシャルの120%をぶちかました結果がここにはあります。

 実際アルバムは全体として聴きごたえのある作品ですが、滾る系の曲で本曲に匹敵するものは無く、本曲は瞬間最大風速的なミラクルソングであると思います。