big fan of 2000年代Hiphop

好きな音楽や雑誌に関する感想やメモと日記を書いてます。

Netflix

 今日は自他共に認める「アナログ人間・機械オンチ」の自分が大きな挑戦&ステップアップすることが出来ました。

 僕のネット利用は主にHiphop等趣味の音楽系のYoutube視聴、note、ツイッターの閲覧で、そのどれもが登録がよく分からない、ネットの危険性(個人情報、金銭、詐欺、ウイルス等)が怖くて会員登録や有料のものは一切利用していませんでした。(そのためインスタグラムは見れない)

 そんなネット空間の浅瀬で水着を着ないで裾と袖をまくってチャプチャプしてるだけだった自分が、潜るまではいかなくとも顔を水につけるくらいの進歩がありました。

 それは何かと言うと、「Netflix」デビューです!

 キッカケは、元bmr編集長の丸屋九兵衛さんのYoutubeにて、Kanye Westのことを話されていて、僕は2007年の「Graduation」までの彼の音楽とファッションの大ファンで、それ以降は彼の音楽と情報は追っていなかったのですが、Netflixにて僕の好きな頃の彼を含めた4時間超のドキュメンタリーがあることを知り、興味を惹かれました。

 けれど「Netflix」なんて聞いたことはあってもそれがどういったもので、どうしたら利用できるのかも分からなかったので、諦めようと思っていたのですが、大まかな内容だけでもと思いカニエのドキュメンタリーを調べてみたところ、渡辺志保さんとヤナタケさんがそれについて語ったテキストがあり、見てみると、興味深いエピソードが多かったので、勇気を出して、説明やらもろくに読まずに勢いで登録に挑んだところ、途中支払い手続きで自分の希望する方法ができなかったりとまごついたのですが、無事に登録することができ、動画を観られるようになりました。

 登録できた嬉しさと興奮で頭がぽっぽっしながらざっとどんな番組があるのか見てみると、自分がHiphopをビジュアル面で好きになる一因ともなった「池袋ウエストゲートパーク」があったりして、さっそくアガりました。

 で、さらに探してみると「音楽・コンサートドキュメンタリー」のカテゴリーに「ヒップホップエボリューション」というものを発見し、詳細を観るともうバッチリな内容で入会して良かった~っ!と思いました。そして一発目はこれを見ることにしました。

 我ながら新しいステップを踏み出せたことがとても嬉しいです。生来、新しい環境やモノ・ことが苦手で避けてきたのですが、今日は一歩踏み出した自分にグッジョブです。

 今回カニエがキッカケでNetflixデビュー出来たので、彼に感謝の意を込めて僕の好きな彼の曲を貼らせていただきます。


www.youtube.com

2006年のGWくらいに出会った曲で、華やかでパーカッシブなトラックのパーティー感に一発KOされました。カニエとTwistaのリズミカルなラップ、キーシャ・コールとBJのソウルフルなヴォーカル、可愛い声ネタと100点満点です。


www.youtube.com

Hiphopが好きになった記念すべき2004年、初めてカニエの存在を知ることになったのが本曲です。この音楽、ファッション、ラップ、立ち振る舞いすべてに魅了されました。この曲は懐かしいのに未来感もあって、不思議な感触で2004年の歌ものとしてはマイベスト10に入ります。僕は彼のトラックはもちろんラップ(声・フロウ・内容)も大好きで、特にこの曲の彼のヴァース終盤の語尾のちょっとヘンテコリンな?アクセントがたまらなく好きです。