big fan of 2000年代Hiphop

2000年代hiphopが大好きです!

Snoop Dogg"Let's Get Blown"

 2004年末にリリースされたアルバム「R&G(Rhythm&Gangsta)」に収められ、シングルカットもされた本曲は、NeptunesによるトラックにSnoopとPharrellという才気にあふれながらどこかおっとりとした雰囲気のある2人によるラップ・歌がマッチした、リラックスしたラップソウル曲です。

 当初この曲のサンプル源がSlaveの"Watching you"だと知った時、いったいどこが使われているのか分かりませんでした。唯一分かったのは歌いだしのSnoopのフレーズ・メロディだけで、トラックには"Watching You"を見つけることはできませんでした。

 これはひょっとすると、かつてChad Hugoが、自分たちはレコードをサンプリングするというよりそれをずっとループさせてインスピレーションを貰って、コードを変えて新しい曲に仕立て直したりする、と語っていたので、僕の想像ではネプとSnoopが原曲の音像からインスパイアされて本曲を作り、インスピレーション源に対するリスペクトをこめてフレーズ・メロディをちょこっと入れてクレジットに載せたのではないかと思います。

今回のアルバムが「R&G」と付けられているように、本アルバムは歌心あふれる作品ですが、Snoopは本当に歌が好きで、70、80年代のアーティストに対して、「あの頃のアーティストは全員好きだよ。Curtis MayfieldAl green、Chi-Lights、Dramatics…もう全員だよ。」と言っています。

 本曲は"Watching You"同様ぬくもりを感じる穏やかなもので、楽器の音色・ラップ・歌のそれぞれが上手く調和しており、全体的に聴き心地の良い仕上がりです。具体的にはSnoopのラップ、ファレルと女性の歌(Keyshia Coleですが、彼女らしさは控えている)、ポコポコ、コツコツしたパーカッション、シルクのようなベースが総体として心地よい音像を生み出しています。

 こうした音像にきちんと合わせて、MusicVideoも良い意味でぼんやりした処理を施された、レイドバック感の強い、ただただ楽しそうなパーティー風景で、70、80年代のDiscoパーティーに通ずるVibeを感じます。同じ70、80年代Vibeでも"Signs"の方ははつらつとした元気のある曲で、こちらも本曲同様シングルカットされたのも納得の良曲です。僕はこの2曲が昔のSoul・Funk曲に触れるキッカケとなりました。

 Snoopのアルバムは毎回Soul・Funkフレイバーが注入されているので、温故知新のHiphopにあっては理想的なアーティストだと思います。かつてbmr誌2008年4月号において「Snoopが誘う、素晴らしきソウル・ファンクの世界」という6ページにわたる本当に素晴らしい特集記事がありました。

 余談ですが、僕は2000年代のbmr誌とBLAST誌(具体的にはbmrはNo.267号以降、BLASTは伊藤雄介さんが編集長になってから)に育ててもらったと強く思っており、上記の雑誌のおかげでこの音楽が大好きになったので、実際に音楽をクリエイトしてくれた2000年代に活躍していたアーティストと同様に上記雑誌のライター・編集者の方を大いに尊敬しており、いつか直接お会いして感謝の意を伝えたいなと思います。