big fan of 2000年代Hiphop

好きな音楽についての思い出や感想等を書いてます。

新年の抱負

 英語が苦手なくせに洋雑誌を集めている私ですが、今年はただ集めているだけではもったいないので、少しずつでも良いから英語を勉強して集めた雑誌を部分的にでも読むことに挑戦します。それこそ長期的な夢としては、高校時代にトラウマになる程英語の授業で恥ずかしい思いをしたので、そのトラウマを克服するべく、自分もきちんとやればせめて高校の授業レベルの英語を身につけられるのだ!という自信を得たいのです。

 まず今現在は中学1年の夏休みまでくらいのレベル(初歩的な文法と単語を知っているが、熟語やちょっと変わった文は分からない。)なので、気長に人と比べず、目標を極力低くして、結果を求めると苦しくなるので、「英語を勉強する」という行動を続けることを目標にやっていこうと思います。ほんの少しでも洋雑誌が読めたときはとても嬉しい&楽しいので、やる価値は十分にあると思うのでここをスタートに頑張ります。しかしこんだけ英語が分からないのに洋楽が好きなのも珍しいと思います。僕は日本の音楽も自分で買ったりはしませんが好きで、洋楽を聴くまではよく休みの日に中学生の頃は野球部だったので素振りをしながらニッポン放送三宅裕司さんがやっていたTop30番組を聴いたり、高校に入って、自分でCDを買うようになるまではFMヨコハマのケント・フリックさんのTop30を好んで聴いており、その頃を思い出すと、自分は歌詞に感動して好きになることは全くなく、メロディや声やサウンドで好きになっていたので、洋楽も歌詞が分からなくても楽しめるのでしょう。ただサウンドで好きになった曲の歌詞が良かったりしたときはより一層その曲が好きにななるので、全く歌詞を気にしないということではありません。

 なので、歌詞の内容が分からない自分の好きな音楽が、歌詞が分かることによってより一層好きになるので、英語を勉強することは僕にとってメリットがとても多いということを今ブログを書いていて改めて感じたので、生涯学習として英語と付き合えればと思います。

f:id:shouwa64:20220217162050j:plain

こういった洋雑誌を集めてはいるのですが、現在の英語力では読めないため、ただただ段ボール箱にて眠っている状態です。日本の雑誌を読むのは好きなので、英語力さえあれば楽しめると思うので少しずつ英語の勉強をします。