big fan of 2000年代Hiphop

持っているCDと雑誌を管理するための記録ブログです。

2004年9月頃の思い出曲パート2

 今回も前回の続きなんですけど、「2004年9月頃」と銘打っているものの、あくまで僕がこの時期にたしか聴いていた記憶がある、くらいのあいまいなもので、実際は1~2ヶ月くらい間違っていたり(なんせ約20年前のことなんで)、また必ずしもその時にリリースされたものを取り上げているわけではなく、むしろ当時、高校生から20歳くらいまでの5年間はアルバイトもしたことが無かったので新譜は買えて月に1、2枚で、あとはひたすらbookoffで250円くらいの旧譜のアルバムを買う感じだったので、新譜に関してはYoutubeを発見する2006年まではFMラジオorテレビ神奈川で水曜夜10時に放送していた「ビルボードTOP40」で聴くくらいで、Youtubeを使うようになってからは新曲を聴けるようにはなりましたが、お小遣いから新譜を買えるのは変わらず 1、2枚でした。

 そんなわけで振り返りシリーズは当時の新作の流れを振り返るものではなく、僕の当時の生活のサウンドトラックであった曲の紹介になります。

 というわけで今回も思い出に残っている曲を貼らせていただきます。


www.youtube.com

  この曲はすごく衝撃を受けました。このPVで見られるようなファッションが僕のハートにズドンときてヒップホップに興味・関心を持つようになったのですが(一番最初に記憶にあるのは中学3年の頃に当時「B系」と言いわれていたファッションがすごくカッコよく感じて興味を持ちました。)、このPVは当時の僕のカッコイイ観のまさしくど真ん中で、「ヤバい」としか言えないです。ヒューストンとチンギーがイケメンなのも重要なポイントで、より一層「カッケー!!」と感じたんだと思います。


www.youtube.com

 Lil Jon作品にしては地味ですが、これも当時ブイブイ言わせていた彼の勢いを感じさせる取り合わせですね。


www.youtube.com

 Timbalandによるビートと彼による不穏なフックがカッコイイです。


www.youtube.com

 ポカポカのぬくもりを感じさせるビートとアンソニーハミルトンの渋い声に癒されます。当時はヒップホップのサンプルリング文化を知らなかったのですが、後に「元ネタ」なる概念を知ってビル・ウィザーズの元の曲を聴いて「へ~、そういうことか~!」とますますヒップホップが好きなりましたし、昔の曲にも興味・関心を持つようになったので、ヒップホップが好きになったことはとてもラッキーだったと思います。出会ってから約20年経ちますが、まだ楽しむことが出来る懐の深さがあるので、良い趣味を見つけたなぁ~という思いと、当時ヒップホップに出合うキッカケや魅力を伝えてくれる水先案内人であった雑誌やテレビ等のメディアには感謝です。いつか当時の雑誌の編集の方やライターさんに会って感謝の気持ちを伝えたいと思っております。


www.youtube.com

  こちらが元ネタです。映画「ザ・ペット」のエンディングで流れてきた時、泣きそうになりました。名曲です。