big fan of 2000年代Hiphop

好きな音楽に関することを色々と書いてます。

Knoc-Turn'al

 今回は以前N.W.Aの"Express Yourself"の記事で名を挙げた、ノクターナルの曲を紹介します。彼に関しては、映画「The Wash」のサントラからのシングル"Bad Intentions"しか知らなかったので、紹介するにあたって彼に関する雑誌やCDをチェックしてみたのですが、今までスルーしてたのがもったいないくらい良い曲が多く、好きな音楽が増えたので良かったです。それまでは雑誌で表紙を飾ってたり、インタビューは掲載されていたものの、作品(曲やアルバム)が年間ベストなんかには入らない感じだったので、軽視してました。しかしよくよく考えたらDr Dreがバックアップするほどだから只者じゃないですよね。

 それでは曲の紹介に入ります。


www.youtube.com

  月並みですが、ノクターナルと言えば僕はこれ(しか知らなかった)だったので、まずはこちらを彼の代表曲として紹介します。

 でもこれ、実際はフックのみの起用+トラックのインパクトが大で、彼はあまり爪痕を残せていないのですが、彼の存在が世間に知れ渡ったという意味で重要な曲です。ノクターナルは"Fuck You"のDevin The Dudeのような味のある、ニュルふわヴォイスを添えていますが、私的にはズンズン迫りくるループとフルートが気持ちいいトラックが印象的で、この曲からはまだ彼の実力は?です。 

 ちなみにトラックをドレと共作したマホガニーは、元はBad Boyの制作組で、ドレのDetoxの制作にも参加しており、ScratchマガジンのDetox特集にて顔写真入りで掲載されていましたが、もしDetoxがスムースに出ていたら、ビッグなプロデューサーになっていたかもしれませんね。これはラッパーならDetoxで大抜擢される予定だったBishop Lamontにも言えると思います。

 


www.youtube.com

  こちらは音源流出というトラブルを乗り越えて、2004年に晴れてリリースとなったフルアルバム「The Way I Am」収録の、Timbalandによるコミカル電子ファンクです。Lloyd Banksの"I’m So Fly"をヤワくしたようなトラックがノクターナルの声質に合っています。Lloyd banksにはあの張り詰めたカチコチビートは合っていますが、彼にはこれくらい「隙」または「愛嬌」のある方が合っています。私的お気に入りポイントは、曲後半から加わる、Justin Timberlakeの"Sexy Ladies/Let Me Talk To You Prelude"の4分過ぎからでも使われているチンコロカンカン音です。ノクターナルについては、ラップは普通ですが、フックでの奇怪な歌がCee-Loに通ずる不思議な魅力を放っています。

f:id:shouwa64:20220219163107j:plain

f:id:shouwa64:20220219163158j:plain