big fan of 2000年代Hiphop

2000年代hiphopが大好きです!

The Game"Hate It Or Love It"

 2005年リリースのThe Gameのデビューアルバム「The Documentary」収録の本曲。Proは当時50CentとBeef関係にあったJa Ruleの前年のヒット「N.Y」を手がけたフロリダはマイアミ出身の2人組Cool&DreでTrampsの75年作"Rubberband"を用いたアルバム中随一のソウルフルソングです。

 原曲に疾走感のあるドラムと太い低音を加えたことでボトムのしっかりしたHiphopビーツに仕立て、そこに自信たっぷりのGameのラップとフックを50と二人で分け合う構成がハマって、良曲がひしめくアルバムにおいてシングルになったのも納得の出来です。またこのトラックがどれほど優れているかをあらわすものとして、Mary J Bligeが参加したものや、Maryが自身のアルバムに入れたヴァースもフック全て歌った"MJB Da MVP"やG-Unitメンバー総出のG-Unit Remixの存在が挙げられます。

 特にG-Unit Remixは各々のMCが順番にフックも担当するもので、Ja Ruleの"N.Y"に作りが似ています。もしかすると同じPro・構成でも俺たちの方がイケてるぜ、というサブリミナルDissソングなのかもしれません。まあ「俺がラップ界のMVP」なんて宣言してる曲ですから基本的には不特定多数の全方位に向けたボースティングもの、つまりオーセンティックなHiphopですね。

 サウンド以外に目を向けると「How We Do」のPVでは不気味で恐ろしい印象しかなかったGameが本曲のPVではとてもピースフルな立ち振る舞いもあって、50Cent同様中々愛嬌があります。PV全体としても陽光の射すフッドを舞台にGameのクルーや遊ぶ子供たちの様子も映し出され、曲調と相まってとてもあったかくぬくもりを感じるPVです。またこの陽光が大フィーチャーされた作りはおそらくGameの所属するオレンジ色ギャングをアピールするためでもあると思います。