big fan of 2000年代Hiphop

2000年代hiphopが大好きです!

The Game "My Lowrider"

 2005年リリースの、正規のアルバムではない、いわゆる「Mixtape」という体裁による「Stop snitchin,Stop lyin」に収められた本曲。個性豊かな同年代・ベテラン・他地域、同地区・他人種といった様々な要素・アイデンティティーを持つ8人のMC,Paul wall,WC,E-40,Chingy,Techniec,Crooked I,Lil Rob,Ice Cubeが参加した超強力な鬼カッコいい曲です。2005年私的ベストソングに余裕でノミネートするであろう程大好きです。

 その内容はというと、トラック面ではアジア系によるグループ、Mountain Brothers(残念ながら筆者未聴)のメンバーChopsによる、コワモテMCsにマッチしたロウライダー感抜群でスクリューFunk味も感じる、重たく引きずるような妖しく粘り気のあるトラックがお酒の飲めないシラフの僕を酩酊状態させるほど魅力的です。勝手にスクリューローライダーFunkと呼ばせてもらいます。

 ここで垣間見える、彼の非凡な才能はこれ以降のBun BやChamillionaireの作品でも発揮され、哀感と人懐っこさを伏せ持った、彼独自のシグネチャサウンドを聴くことができます。

 そんな気になる存在の彼ですが、なぜ僕が彼の過去に属していたグループを聴いたことが無いのかというと、ちょっと言い訳っぽいのですが、僕は簡単に聴けたりするのは味気ない・つまらないと思って、自分で縛りを設けて無料で聴けるYoutube等の利用は控えめにして、可能な限り現物(CD)を買って愛でたいタイプなのですが、マウンテンブラザーズのCDは割と高値のため、ついつい他の安上がりなものばかり買っていたのですが、そろそろ覚悟を決めてチャレンジせねばと思います。

 話は逸れてしまいましたが、ラップに関しては合計9人によるマイクリレーにあっても、やはりメインストリームで活躍している面々のパートに関しては個性がきちんとあってそれぞれ楽しませてくれますが、中でも格別にカッコよく感じるのは、ズバリChingyのラップで、ルーズでありタイト、そしてチンピラ感と、とっぽい兄ちゃん感を感じさせる色気のある声によるラップ・フロウが自分の感性にドンピシャで、「どんなラップが好きなの?」と問われれば、僕はこれを挙げるでしょう。Hiphop・ラップミュージックはその時代によってトレンドとなったフロウやアティチュードがありますが、このChingyのラップは2005年という時代の薫りを強く感じます。

 以上、2005年末の通学中によく聴いていたマイ・クラシックソングを紹介させていただきました。