big fan of 2000年代Hiphop

2000年代hiphopが大好きです!

50cent "Hustler's ambition"

 2005年公開の50cent主演の映画「Get rich or die tryin'」からインスパイアされたという形の同名のアルバム収録で映画の主題歌でもある本曲。Proは中西部はミズーリ州セントルイス出身のB-Moneyで、74年生まれの彼はすでに10年ほどセントルイスでDJとして活動経験があり、Producerになるために2000年夏にNYに移ってきたそうで、producerとしては無名なもののクリエイターとしてはベテランです。

 そんな彼が50centの半自伝映画の主題歌に大抜擢されるに至った経緯は、知人のつてを使って50centの弁護士経由で50までビートを届けることに成功し、晴れて本曲のビートが採用され50の2nd「The massacre」に収録予定でしたが、サンプルの使用許諾手続きが間に合わかったため「Get rich~」に収められることになったそうです。

主観ですが2ndに間に合わなかったことが結果的に良かったと思います。映画主題歌用に書き下ろしたと思えるトピックとサウンドでこれ以上のベストプレイス・タイミングは考えられません。

楽曲は雄弁な勇ましさではなく、静かに燃え滾る闘志をグツグツと感じさせるウワモノと声ネタに、太く粗いドラムが絡む最高にDopeなトラックですが、原曲はMazeの"I need you"で、この曲自体が大変素晴らしく、必聴です。尚、ドラムはTritonのプリセット音源だそうで、これを知って個人的にはドラムはプリセット音源で十分だと感じました。むしろ私が2000年代のメインストリームHiphopR&Bが他の時期に比べて特別好きな要因の一つは、この時期活躍していたPro達がおおよそ共通の機材(Triton・Motif・Fantom・TR-808のような音の素材を備えたもの)によって、ことドラムに関してはノーサンプリングが主流であったから、と自分の中では理解しています。

ラップは50centのぶっきらぼうながら人懐っこいフロウと、50自身による愁いを帯びたhookが仄暗いトラックにマッチしており、50cent.G-unitによる哀愁路線の毎度のハイクオリティーぶりには脱帽です。

本曲を収録したアルバムはかなりの粒ぞろいで、映画は未見ですが今でもシーンにおいて最大勢力であった「あの頃」のG-unitを味わうためによく聴いています。