big fan of 2000年代Hiphop

好きな音楽についての思い出や感想等を書いてます。

調べ学習「Kanye west(2004年1stアルバム発表以前まで)」

 今までは一応はHiphopというカルチャーの歴史や好きなアーティストの来歴等の情報について雑誌・本などで読んではいたのですが、いかんせん漫然と拾い読みスタイルだったため、体系的な知識が得られず、事柄の一つずつを繋げて理解することが苦手だったのですが、この度ブログを始めたのをよい機会に、改めて自分が大好きなカルチャー・音楽を学び直そうと思いました。

 そこで、自分が調べたことをアウトプットするスタイルが一番身に付きそうなので調べ学習の体でちょこちょこブログにUpしようと思います。その都度気になったことを取り上げるため、あっちへ行ったりこっちへ行ったりすると思いますが、ご容赦ください。

まずは初めてHiphopのプロドューサーという存在を知るきっかけとなったKanye westについて、彼が自身名義の1stアルバムをリリースする以前の流れを調べてみました。ある程度私の主観が入りますのでそこはご容赦を。

 

 Kanye westアメリカ中西部の最大都市、イリノイ州シカゴ出身で、小学3年の頃にラップを始める。その後自分でラップをするために中学1年でコンピューターを用いてビート制作をスタートする。その後同じくシカゴ出身のラッパー、CommonのメインプロデューサーNo I.Dの下でさらにプロダクションについて学ぶ。後年彼のシグニチャサウンドになるネタの早回しについてはNo I.Dがやっているのをみて学んだとのこと。こうしてNo I.Dの下で活動していた成果は同じくシカゴの女性MCドュオ、Infamous syndicate(メンバーの一人はシカゴのブルースミュージシャン・Buddy guyの娘で後にLudacrisDTPに加入するShawnna)の99年作のアルバムにおいて3曲制作という形で表れている。

 その後、どういう経緯かは不明だがBad boyにて活躍していたDeric Angelettieによるレーベル、Crazy Cat Catalogueに所属するようになり、ここからAngelettieとの共作も含めFoxy brown、Harlem worldの作品に参加し、プロデューサーとしての活動が活発化する。

 途中、Crazy Cat Catalogueは解散するも、彼個人としての仕事は決して多くはないもののあり、その中でも彼の大ブレイクにいたる最初の足掛かりとされるRoc-A-FellaのBeanie Sigelのシングル曲「The truth」を制作し、ここからRocとのつながりが生まれ、大ボスJay-Zの00年作「The dynasty」中の"This can't Be life」をプロデュース。この曲では声ネタの早回しが聴かれ、この手法やKanyeの素養をおそらくJay-Zは高く評価し、次作の01年作「The blueprint」ではメインにKanyeとJust Blazeを抜擢し、このチャンスにKanyeは特大ホームラン級の結果で応えてみせ、一躍トレンドの中心へと躍り出ることに成功。これ以降は様々なアーティストを手掛けてみせ、遂にはかねてから望んでいたラッパーとしてのポテンシャルを見せつけるべく、2004年2月「The college dropout」を発表、そしてここから作風は大きく様変わりするものの、常にHiphopシーンに欠かせない重要人物として同業者・Hiphopファンの双方に多大な影響を及ぼし続けている。