big fan of 2000年代Hiphop

2000年代hiphopが大好きです!

Usher "Yeah!"

 元々、中学生の頃から当時「B系」と呼ばれていたファッションに強く惹かれていた私ですが、いかんせん音楽には疎く、同級生と比べて圧倒的に無知でした。どれくらいかというと、高校生になるまで自分で買ったCDは小学生の頃の「目指せポケモンマスター」と中学でのゴスペラーズ「約束の季節」のたった2枚でした。そのため、高校に入ってすぐの頃、クラスメイトと音楽の話題になった時にHYを知らなくて笑われたりしたものでした。

 そんな私が今では2000年代HiphopR&Bを聴いたり、観たり、それに関する文章を読むことが唯一の楽しみとまで言える程のめり込むキッカケとなったのが、高校入学直後にTVKテレビ神奈川)にて本曲のPVを観て、そのあまりのカッコよさにやられたことでした。

 そんな私にとってメモリアルな一曲である本曲は、2004年リリースのアルバム「Confessions」からの1stシングルとしてビルボードチャートにおいて12週連続1位を記録した2004年を代表する1曲です。Proはそれ以前に同タイプのサウンドによるYoung Bloodzの「Damn!」やPetey Pabloの「Freek-a-leek」を手がけたLil jonで、彼による派手なシンセサウンドやブーミーなシンセベース、808ドラムとクリスピーなクラップや煌びやかなアクセントを特徴とした通称「Crunk」サウンドが当時のシーンを盛り上げていました。

 そんなLil jonによるCrunkにおいて、本曲は最もパワフルな最高傑作と言えます。上記の2曲を踏襲したビートですが、より一層厚みと響きに磨きをかけて、クリアな音像に仕立て上げ、そこにUsherの、彼によるダンス同様キレと華のある「生きた」ヴォーカルがエッジーなトラックと見事に融合し、エナジーに満ち溢れた1曲に仕上がっています。

 Lil jonは2004年に創刊された、プロデュ―サーに焦点を当てた米Scratchマガジンにて自身のデビューアルバムやTwistaのヒット曲を手がけたKanye westを押しのけて2004年のベストプロデューサーに選ばれましたが、それはこの曲によるものでしょう。

Tony yayo "Project princess"

 2005年リリースのTony yayoのソロアルバム「Thoughts of a predicate felom」収録曲。

彼はG-unitのアルバムにおいてはちょうど刑務所暮らしだったためか、出番が殆どありませんでしたが、他のメンバーよりも少し遅くなったものの無事にソロアルバムを2005年にリリースすることが出来ました。

 そしてその内容ですが、Lloyd banks・Young buckのアルバムと同様に参加メンツが豪華で、当時のメインストリームHiphopが大好きな僕にとっては頭からケツまで楽しめる私的クラシックとして今なお愛聴しています。そんな捨て曲無しのアルバム中、特に好きなのが本曲で、ProはAftermath所属のFocusで、ドレーの作るトラック程のスケール・インパクトはありませんが、センスの良い小刻みなギターリフとパッキパッキの「ドン、カッ」ドラムにJagged edgeのアダルトなヴォーカルが相まってアルバム中随一の「ワル・セクシー」な1曲に仕上がっています。

このアルバムはとにかく「ワル・チンピラ感」を感じさせる曲が盛りだくさんで、2005年という年のメインストリームならではのサウンド・アティチュードを存分に味わえる重要作だと思います。興味を持った方はサウンドのみならずPVも見ていただくことをお勧めします。G-unit総体でのゴリゴリのチンピラアティチュードが凄いカッコいいです。私的にグッとくるシーンは"So seductive"のPVにおけるLloyd banksが頭をふらふら揺らしながらカメラ目線で葉巻の煙を吐き出す(吹きかける?)ところです。

Pimp C " I'sa playa"

 2005年リリースのソロアルバム「The sweet james jones stories」収録の本曲は、おおらかでありながらソリッドで抜けの良いFunkトラック上で、キャラ立ち抜群の4者によるラップ・歌が堪能できる贅沢な曲です。

聴きどころはZ-ROによる軽~く流すようでありながらFatでDeepでRawなHookと、Twistaのリズムやメロディに寄り添いながら止め・ハネ・流しといった緩急を自在に操る達人フロウです。

華のあるトラックに4者の力量が遺憾なく発揮された、アルバム中最も垢抜けた1曲です。

The Notorious B.I.G "Spit your game"

静かに燃える系で、いつものSwizzよりもバウンス感は控えめながらもピコピコ・キラキラ音を隠し味に所々まぶして、よく聴くとカラフルで聴かせるトラック上でBiggie・Twista・Krayzie boneの三者によるスピット合戦が繰り広げられる本曲。主役のBiggieは勿論、それ以上にTwista・Krayzieのスピットが激しくカッコよし。この二人の凄いところはただ早いっていうんじゃなくて、緩急のつけ方、崩し方と歌心溢れる点が頭抜けているってことだと思います。尚、remixでは8ball&MJGが加わり、個性豊かな面々による濃厚極まりないマイクリレーが楽しめます。

50cent "Hustler's ambition"

 2005年公開の50cent主演の映画「Get rich or die tryin'」からインスパイアされたという形の同名のアルバム収録で映画の主題歌でもある本曲。Proは中西部はミズーリ州セントルイス出身のB-Moneyで、74年生まれの彼はすでに10年ほどセントルイスでDJとして活動経験があり、Producerになるために2000年夏にNYに移ってきたそうで、producerとしては無名なもののクリエイターとしてはベテランです。

 そんな彼が50centの半自伝映画の主題歌に大抜擢されるに至った経緯は、知人のつてを使って50centの弁護士経由で50までビートを届けることに成功し、晴れて本曲のビートが採用され50の2nd「The massacre」に収録予定でしたが、サンプルの使用許諾手続きが間に合わかったため「Get rich~」に収められることになったそうです。

主観ですが2ndに間に合わなかったことが結果的に良かったと思います。映画主題歌用に書き下ろしたと思えるトピックとサウンドでこれ以上のベストプレイス・タイミングは考えられません。

楽曲は雄弁な勇ましさではなく、静かに燃え滾る闘志をグツグツと感じさせるウワモノと声ネタに、太く粗いドラムが絡む最高にDopeなトラックですが、原曲はMazeの"I need you"で、この曲自体が大変素晴らしく、必聴です。尚、ドラムはTritonのプリセット音源だそうで、これを知って個人的にはドラムはプリセット音源で十分だと感じました。むしろ私が2000年代のメインストリームHiphopR&Bが他の時期に比べて特別好きな要因の一つは、この時期活躍していたPro達がおおよそ共通の機材(Triton・Motif・Fantom・TR-808のような音の素材を備えたもの)によって、ことドラムに関してはノーサンプリングが主流であったから、と自分の中では理解しています。

ラップは50centのぶっきらぼうながら人懐っこいフロウと、50自身による愁いを帯びたhookが仄暗いトラックにマッチしており、50cent.G-unitによる哀愁路線の毎度のハイクオリティーぶりには脱帽です。

本曲を収録したアルバムはかなりの粒ぞろいで、映画は未見ですが今でもシーンにおいて最大勢力であった「あの頃」のG-unitを味わうためによく聴いています。

 

Fabolous "Return of the hustle"

2007年作アルバム「From nothin' tosomethin'」収録の本曲、Proは00年代東海岸を代表するJust blazeでFabolousはもちろん、途中でアトランタに移り住むものの自宅からBlock Partyが眺められる環境で育ち、Boogie down productionに夢中だったSwizz beatzと、さらに音像的には大元であるMandrill曲の方が近いものの、明らかにモチーフはEPMDの"Rampage"であることから,これもまた一つのN.Y shitと言えるでしょう。 

 さらにフックを担うSwizzはWu-tangの"C.R.E.A.M"を高らかに唱え、もうどこを切ってもN.Yのエッセンスか溢れ出てきます。私的にはSwizzのパーティーロッカー、ハイプマンとしての働きは常々評価しており、Fatman scoopやODB並みのキャラ立ち君であり、自身作はもちろんゲスト参加でも毎回しっかり爪痕を残していて,その性格、考え方も含めて単なるProに留まらない、真のタレントだと思います。

 トラックに目を向けると、大迫力の壮大なストリングスを用いた豪勢なサウンドで、PVも含めてとても景気の良くイケイケ感たっぷりです。今現在は見当たりませんが、かつて2007年春頃には本曲のbehind sceneがYoutubeにあり、そこではっきりは覚えていませんが、Just blaze指揮のもとオーケストラが演奏する場面があり、そのスケールの大きさに驚きました。

ラップについてはFabolousはどんなタイプの曲でもそつなくこなし、ルックスやアティチュード・癖のないラップという要素全てひっくるめて「クール」な存在感が生まれていて、Hiphop界において汗を感じさせない「Smooth operater」といった印象を受けます。"(I'm a king of) Girls"なんて曲をやってケチがつかないラッパーもそうそういないと思います。

 本曲はそんな「イケてるやつは何をやってもイケてる」を体現するFabolousによるイケイケクラブアンセムです。

The Game ”California vacation "

 The gameの2006年作アルバム「The doctor's adovocate」収録の本曲、proは前年に50cent,Tony yayo,Trey songz等のアルバムに参加していた南アフリカ生まれ、カリフォルニア育ちのユダヤ系白人のJonathan”J.R"Rotem。これらのアルバムにおいてシングルにこそならないもいのの際立った楽曲を提供しており、その才能の片鱗を見せつけておりましたが、2006年にはRihanna、Sean kingstonのシングルでチャートを制するなど大活躍を見せます。本曲はそんな脂の乗り切った時期の作品であり、私的にはTony  yayo”We don't give a fuck"に並ぶベストワークだと思います。

 そんな彼は(きちんとした経緯は調べていないのですが)Dr Dre、Aftermathと縁深く、Dr DreのDetoxの制作に参加し、Dreにトラックを提供していたことからも明らかなようにDreライクなハードでシリアスなものはもちろん、No.1ヒットも作れてしまうとても器用な人であり、色んな作風で楽しませてくれます。

 そんな彼がDre不在の本アルバムにおいて他のAftermath組Pro(Dj Khalil,Hi-tek,Scott storch)を差し置いて最もエッジーでハードな”G"ソングを制作。3人のラッパーもここでは冗談の通じない空気をプンプン漂わせ、他の2人に比べるといくらか緩いフロウのSnoopも目の笑ってないラップを聴かせ、Xzibitは普段よりもさらにドスを効かせた好戦的なラップをかまします。もちろんGameの凄みも2人に引けを取りません。私的にはXzibitの咳込みするところが一番好きです。

 しかし、この曲の醸すとてつもない緊張感の源はズバリ、Jonathan Rotemによるサウンドに他ならず、「The chronic」期の高音シンセと2005年以降のズッシリと重く、そして着地と同時に細かく無数に砕け散る様が浮かぶようなハードでクリスピーなドラムにシンプルでシリアスなピアノフレーズといった、当時のDreのシグニチャサウンドを自らの手中に収めた上で、ここが一番の肝だと思うのですが、Jonathan Rotem独自の灼熱感を感じさせるシンセ音を加えることでオリジナリティーのある、他にはないサウンドを生み出しています。結果的にアルバムの懸念要素であったDreの不在を見事に払拭する働きをここでは見せています。

Ludacris "Child of the night"

 Ludacrisの2004年作のアルバム「The red light district」収録の本曲、ProはAK all dayなる初見の人物ながら、アルバムにおいて他のAランクProの仕事に引けを取らない華やかなトラックを提供。同作参加でこの後にCiaraやRich boy,Young buck等のシングルでブレイクするPolow da donによる”Pimpin' all over the world"に並ぶ、艶とコクのあるトラックでこれぞメジャー作品のサウンドいえる迫力のある曲です。

 サンプル源はスーパーソウルフル姐さん、Teena marieの静かに燃えるスロウ、”Portuguese love"ですが、単純に用いるのではなく元曲のピアノフレーズを叩きつけるかのような音像に変え、そこにブンブンいわしたベースとドラムをこれでもかと全面に出すことで著しくドライブ感が生まれ、さらに元曲ではちょっとしたフレーズであったヴォーカルも早回しすることでより一層のドライブ感の創出に一役買っています。加えて2005年ならではのシンセのフレーズをそこかしこで鳴らすことでとてもカラフルな垢抜けたトラックとなり、そこにNate doggの悪セクシーなヴォーカルとLudaのエネルギッシュなラップ。まったくもってつけ入る隙を与えない頑強さがこの曲にはあります。足しの美学の最高峰といった感じで、非シングルながら間違いなくオーディエンスを沸かす、そんな一曲です。

The Notorious B.I.G "Ultimate rush"

 Bad boyによるビギーの生前の素材を使って当時のトップランナーとの疑似共演を目いっぱい収めた2005年作アルバム「Duets: The final chapter」中の、proはスコットストーチでミッシーが参加の本曲。90年代からのビギーファンにはトラックとゲストの内容もあってか評価はいまいちかもしれませんが、90年代のビギーは知らず、05年当時のシーンが何よりも好きだった自分にとっては超豪華なオムニバスアルバムとして捨て曲なしの大傑作です。

 そんな本作の中でも、My favorite producerのトップ10に間違いなくランクインするスコットストーチによる本曲は、そのトラックもさることながらミッシーというOne and onlyなお方によるラップ芸がいかんなく発揮され、シングルカットされた2曲に勝るとも劣らないアグレッシブな曲です。中毒性のあるウワモノに、定期的に小節末に響くRush感を強めるシンセ音。トライバルなジグザグビートにミッシーのNastyなフロウがハマって、ミッシーのヒット曲、"Get ur freak on "のUpgrade版といった印象を受けます。

 この曲以外にも、参加しているRapper・Producerは2005年当時のオールスターですので、この頃のサウンドが好きな方なら非常に楽しめるアルバムだと思います。そしてそうしたメンツが集まったのも各アーティストのビギーに対するリスペクトの大きさとDiddyの業界における存在の大きさ故ではないでしょうか?個人的にはこうした企画を実現してしまうDiddyのパワーに只々舌を巻いてしまいます。

Lil wayne "receipt"

Lil wayneの2005年作アルバム「The Cater Ⅱ」収録の、この時期(2005年末)にはだいぶブームも落ち着いて少なくなっていた早回しの本曲。proはHeatmakaerzでWayneの力の入ったラップ、ポコポコしたパーカッシブなビートに、Isley Brothersの”Lay away"の熱くて陽気で、でもちょっと切なさも感じる情感豊かなヴォーカルを早めることで、元曲の熱気がより一層高まりアルバム随一のソウルフルナンバーとなっている。早回しの場合、元々使われる曲が歌入りのSoulで、尚且つ声も含めてサンプルするため必然的にエモーショナルな曲に仕上がりますが、欲を言えばラッパーの声、フロウにも「味」が必要です。

その点Wayneは一聴して彼と分かる強烈に味のあるラッパーなので、Heatmakerz製のエッジの立ったグルーヴィートラックを我が物として、ゲストを迎えることもなくOne MicでBest rapper aliveであることを証明しています。